海外からの電話に応対した時の体験談といえば、私自身は2度しか経験をしていないので少ないとは思うのですが、どちらも印象深く記憶に残っています。

海外からの電話に応対した時の体験談
海外からの電話に応対した時の体験談

海外からの電話に応対した時の体験談といえば

海外からの電話に応対した時の体験談
海外からの電話に応対した時の体験談といえば、私自身は2度しか経験をしていないので少ないとは思うのですが、どちらも印象深く記憶に残っています。
まず1度目は、兄が修学旅行で海外に行った時の事です。
だいぶ前の事なので、今以上に海外からの電話といえば割高感があったと思うのですが、それでも無事だと伝えたかったせいか、わざわざ時差なども気にしつつ電話をかけてきました。
どんな風にかかってきたのかは、正直なところあまり覚えていませんが、多分オペレーターさんが英語で何か話してから、兄につながれたような気がします。まず、私は英語が苦手だったのでその時点で少し慌ててしまったのですが、すぐに兄の話し声が聞こえたのでほっとしました。

もう1件は、バイト先のオフィスに海外から電話がかかってきた時の事です。
私が働いていた部署では、海外と取引をする際の資料を作っていたのですが、まさか国際電話がかかってくるとは思いませんでした。
こちらも少々慌てつつも、急いで英語が出来る上司に替わってもらいました。

国際化が必要だといわれている昨今ですが、電話でいきなり英語を話されると、今でも落ち着いて対処をするのは難しいです。