先日、フランスから間違い電話があったのです。

海外からの電話に応対した時の体験談
海外からの電話に応対した時の体験談

先日、フランスから間違い電話があったのです

海外からの電話に応対した時の体験談
先日、フランスから間違い電話があったのです。
フランス人のある男性が、日本の友人に国際電話をしてきたみたいですが、どうやら電話番号を間違ってかけてしまい、たまたま私が出てしまったのです。

名前はアランと言う大学生で、近々日本に来日するので、友人に知らせようと電話したそうです。
私はフランス語を全く話せないのに、なぜ詳細が分かったかと言うと、アランが来日に向けて日本語の勉強をしていたからです。

最初に電話に出た時に、私の事を友人と間違って、一方的に話してきました。
私も誰かの知り合いかと思い、始めはハイハイと聞いていたのです。
そのうちお互い間違い電話だと気付いたのですが、アランは日本が大好きなフランス人で、せっかく日本語の勉強をしている所なので、少し話をしても良いかと言って来ました。
私もフランス人の知り合いはいないので、興味があり、しばらく話に付き合う事にしました。

英語や片言の日本語やフランス語が入り混じりながらの会話でしたが、これが意外と通じて、けっこう楽しく電話していました。
日本に来たらぜひ会いしたく、また電話でもお話したいと言われ、お互いの携帯番号を交換しました。