仕事場で私の仕事はデータ入力だけだったのですが、その日はたまたま電話を担当する人がおらず、私が担当することになりました。

海外からの電話に応対した時の体験談
海外からの電話に応対した時の体験談

仕事場で私の仕事はデータ入力だけだったのですが

海外からの電話に応対した時の体験談
仕事場で私の仕事はデータ入力だけだったのですが、その日はたまたま電話を担当する人がおらず、私が担当することになりました。
滅多に電話はかかってこないということでしたから、自分でもできるだろうと思っていました。

しかし、いきなり電話が鳴り、恐る恐る出ると海外からの電話だったのです。
全く英語ができない私は、聞こえてくる流ちょうな英語に慌てふためき、何も言い返すことができませんでした。
後からわかったことですが、取引先の方が電話をしてきたようでした。

そんなこと全くわからず、ずっと慌てていると、相手を怒らせてしまい、電話を切られてしまいました。
上司の方に謝り、何とか解決することができました。
せめて英語が話せないということを、相手に伝えるべきだったと感じました。
それくらいなら、英語ができない私でも話せたのではないかと今になって思います。
できなくても挑戦してみるという姿勢が、大切なのかもしれません。これからは英語の勉強をしてみようかと思います。