以前、企業の受付業務をしていました。

海外からの電話に応対した時の体験談
海外からの電話に応対した時の体験談

以前、企業の受付業務をしていました

海外からの電話に応対した時の体験談
以前、企業の受付業務をしていました。
地方の小さなメーカーだったのですが、たまに海外のお客様からの問い合わせを受ける事があり、電話を受けた時はとても緊張しました。

私自身、社会に出てから少しだけ英語を勉強していたので日常会話位ならこなせるのですが、やはりビジネスの英会話を学んだわけではないので、深い会話をするまでには至りませんでした。
それに、電話と言うのは唇の動きが読めない為、余計に聞き取りづらく、何度もお客様に聞き返すこともありました。

受付では電話の取り次ぎが主なので、お客様の知りたい情報を取り扱う部署に繋ぐのですが、そこで英会話が出来る人が不在だったりすると「今は受けられません」とそのまま返されてしまう事もあり、対応が困難な時も多々ありました。

でも、会社の顔と言える受付で、海外のお客様に嫌な印象を与える訳にはいかないので、出来る限り自分の出来る会話の中で相手に納得してもらうように努めました。
自分の言葉が通じ、納得してもらえた時はとても嬉しかったです。