私が海外からの電話に初めて応対したのは、独身時代転職して、外資系企業に勤め始めた時のことでした。

海外からの電話に応対した時の体験談
海外からの電話に応対した時の体験談

私が海外からの電話に初めて応対したのは

海外からの電話に応対した時の体験談
私が海外からの電話に初めて応対したのは、独身時代転職して、外資系企業に勤め始めた時のことでした。
それまでは、英語を使う仕事をしていたものの、こども英会話教室という、日本国内でほぼまかなえる仕事だったため、海外から電話がかかることはありませんでした。
そのため、転職して初めて海外から電話がかかってきたときは、本当に緊張しました。

当時私は役員秘書として働いていたので、海外からの電話に出て、取り次ぐのは私の仕事だったのです。
上司がいない時は私が応対します。私は大学で英語を専攻していたとはいうものの、やはり企業で専門用語を使って話す英語は苦手でした。
まだ直接会って話すのならジェスチャーでなんとか通じるのですが、電話では顔が見えないだけに余計に緊張しました。

本当に海外からの電話に出るのが嫌で仕方なかったです。

でも、もっと英語を勉強したい気持ちが生まれ、英会話スクールに通うなど、英会話力アップのきっかけになりました。